山形 かみのやま温泉へ。
    

2006年 一月

友人M子とふたりで
JR東日本が出している
『のんびり小町』を使って
・・・・・・
これは、女性限定で、
往復新幹線グリーン車の指定席と、宿がセットになっている個人旅行。

大宮、10時38分の、山形新幹線「つばさ」
かみのやま温泉まで2時間ちょっと。
普段、グリーン車に乗る機会は中々無いから、とっても嬉しい。
この「のんびり小町」はかなりお得。


車窓からの 雪景色。

かみのやま駅到着

お昼過ぎに着いて、お腹ぺこぺこ。
山形は、蕎麦が美味しい、と聞いてたので、
早速、お蕎麦屋さんへ。
「づけてん蕎麦」おいしかったあ!!
寒かったので、おつゆは暖かくしてもらいました。

美味しいもの戴くと
もうてきめん
ご・き・げ・んな
二人。

今晩のお宿は
『月の池』

お蕎麦屋さんから
宿までは歩いて10分弱

宿に着いたら
暖かいカフェ・ラ・テと
和菓子を頂きました。

素敵なお宿・・・・・

宿に着いたのが2時すぎ。
お散歩する事にしました。
雪も降っていないし。
思ったよりは寒くないし。

笑っちゃうほどの重装備ですねーー。

雪見ると、雪合戦したくなります!!

せっかく、ここまで来たのだからお城にも登ろうと・・・・
エレベーターで展望台まで。

晴れていれば、蔵王もよく見えるらしいけど・・・

登った頃から、雪が降り始めて、視界はあまり・・・
でも、雪景色が堪能できて、大満足!!!

お城を後にして、色んなお店を冷やかしながら
宿まで、帰ってきました。
酒屋のおばちゃんと話しこんで楽しかったわ!

つららって、
こうやって見る芸術作品ですね。

お散歩で冷え切った体には、
なんといっても暖かなお風呂!!!
←これは、露天の笹船風呂。
一人でゆっくり体伸ばして入ります。
雪が舞う中でのこのお風呂、最高!!
ホントに気持ちいいです。

↑こちらの露天風呂では、
升酒のサービスが。
蝋燭の明かりの中、
お湯につかって、雪見酒。
なんて、幸せヽ(^o^)丿

お風呂の後は
待ちに待った
夕飯!!
寝室とは別の
個室でお食事ができることになりました。
二人で貸切です。贅沢だア。

まず、食前酒にアンズ酒。
ー、花明かり前菜。
    秘伝流し(だだちゃ豆が入ってました)
    白子豆腐
    若竹蒸し
    もって菊の胡麻味噌和え(おいしかったわあ)
    鴨肉まこしぐれ煮
    

お造り。

岩魚の塩焼き

いわな、おいしい!

お雑煮。セリがたっぷりでいい香り!!

天麩羅。海老新引き揚げ。
孟宗湯葉巻きあげ・・・・茄子、アスパラ。抹茶塩で。

山形牛、縄文焼き。

箸休め。くみ上げ湯葉と、ラ・フランス(流石山形)

ビールもお酒もたっぷり堪能したから、もうこれ以上は入らないと思ったのに、ご飯はやっぱり嬉しい。
ご飯は何種類からから選べますが、梅茶漬けにしました。なめこの赤だしや、浅漬けと共に。

最後にデザートもいただきました。
甘さが控えめで、とってもおいしいわあ!

美味しい物を、沢山戴いて、大満足!!
お食事ゆっくり飲んで食べて、お部屋に帰ったら、
もう9時半。3時間かけてゆっくり楽しみました。
お部屋には、夜食も用意されていて・・・ちまきと、お漬物と,牛蒡煎餅。
「もうお腹いっぱい!!」と言いながら、M子と私は、
冷蔵庫のビールなどに手を伸ばしつつ・・・こちらにも手を伸ばして・・・・・
積もる話もいっぱい!!
○十年も生きてきたら、お互い色々あるよねーー
楽しい事ばかりでは、ありません(当たり前だけど)
色々話して、またこれからの活力にして・・・

昨晩は
2時前に寝たのに、
6時半には
目覚めました。
起きてすぐ、
お部屋の
窓から見た
景色です。

まずは、ゆっくりお風呂に入って・・・・それから、朝食。広間でいただきます。

左。M子のセット。

右、私のセット。

中身は同じですが、
カゴが違うだけで
ちょっと雰囲気違いますね。

かごの中は、こんな感じ。
ぜんまいの煮物、おいしいわあ。温泉卵嬉しい
(生卵は苦手なので)鮭も、岩のリも、お豆腐も・・・
皆美味しい、定番だけど、こういう風に盛り付けると
目にも舌にもとっても味わいがあります。

ご飯とお味噌汁と、水菜のサラダ。
ミルクも、葡萄も、お漬物も。
朝からしっかり戴くとパワー全開ねっ!

9時半頃、
お部屋の窓から。
今日は、晴れてます。
日焼け対策しっかりしなくちゃあ、サングラスかけないと外歩けません、眩しくって

お宿の入り口

写してる私が写ってる・・・・・・・・

ロビーが風情あります

本当に「のんびり小町」の文字とおり、のんびりさせて頂きました。
朝からゆっくりお風呂、8時半から朝ご飯、宿を出たのは11時前。
のんびり、って今の私達には最高の贅沢です。

奥羽本線で11時過ぎの
列車に乗り、山形へ。
ここから、仙山線に乗り換えてで仙台に行く予定。仙台ではるーぶるバスであちこち探検しよーー、と言うのが一応の計画でしたが・・・・・山形駅の観光協会の人と話してるうちに、山寺に行ってみることになりました。上までは無理にしても、途中まででも登ったらいいと思うよーーって言われて、その気になった私達。

山寺駅。山形駅からとても近い。

おそるおそる石段を登って行きました。

流石に、じっとしてると津々と体が冷えてきます。ずっと上の方まで登っている人もいましたが、私達はこのあたりで断念。転んで手でも怪我したら、笑いものだしねー。笑いもの、って言うより、手をけがしたら実際ホントに使い物にならなくなっちゃう・・・・

ここで芭蕉が詠んだ。

『閑さや 岩にしみ入る 蝉の声』

←芭蕉と、曾良→の像。



仙山線に再び乗り、
仙台へ。

この列車から見る風景がとても素敵。

雪深くて、幻想的です。
今年は特に雪が多くて住んでらっしゃる方は大変だと思いますが、、、。

仙台駅。結局、山寺で時間使ったので、るーぶるバスはお預け。またの機会に。
仙台では、ドーナツ食べて、M子が素敵なセーター買って、留守番の家族やお友だちにそれぞれ買い物。お酒やお漬物や、かまぼこや、ゆべしや・・・・・・定番の物です・・・・そして・・・
新幹線の時間まで、またゆっくり飲んで食べて。

駅ビルの中の
焙屋十兵衛、という
比内地鶏のお店へ。
このレバー、
臭みがなくて、
美味しかった。

ささみ梅しその炭火焼と、お豆腐。

黒糖焼酎・・・
熱燗・・・

水菜のサラダ、温泉卵添え

エリンギの炭火焼

牡蠣の
オイスターソース焼き

鶏皮の酢物

帰りの新幹線は、やまびこ。2階席でした。昼間なら眺めがいいのでしょうが、残念、夜なので・・・
遅い時間帯だったから,車内はすいていました。

とても楽しい旅でした。「のんびり小町」は女性専用だから、旅館のサービスも決め細やかで、
なんといっても、グリーン車というのが、よかったです!!
私達は出張もないし、中々グリーン車に乗る機会なんてないし。
先日実家に帰ったときは飛行機だったし・・・・。新幹線の旅もいいですね。

食いしん坊(グルメ、とは違う)で、のん兵衛な女同士、ゆっくり語り合える旅は最高!
でも、、お互いの旦那様同伴で、また4人で珍道中もいいわねーー、と締めくくり。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO